8songsとは
取り扱い商品について
購入方法
商品画面の見方
ブログ
送料について
メールマガジン登録・解除
個人情報保護方針
特定商取引表示
サイトマップ
モバイルサイト
カートの中身を見る
カートの中に商品はありません
linkfree

上記のバナーをお使いください
Record Collectors レコード・コレクターズ 2014年2月号
型番 13100808
販売価格 823円
購入数

新刊
ミュージック・マガジン 〔雑誌〕
2014年発表 >2014年発売
□表紙:新刊 ○本文:新刊

【特集】ザ・ビートルズ1964:日米デビュー元年の実像
ビートルズが日本でデビューした1964年は、アメリカでもキャピトルからの本格的なデビューとなった年でした(レコード自体は前年にヴィー・ジェイからリリースされていました)。「抱きしめたい」のシングルをきっかけに、先に人気が爆発していたイギリスから飛び火し、アメリカと日本でもビートルズは一大センセーションを巻き起こしました。これまでCD化されていなかった米オリジナル盤もリイシューされる、デビュー50周年というこの機会に、日本とアメリカで64年に起こった“ビートルズ現象”とは何だったのか、徹底的に検証します。
グラフィック・ステーション──1964年の日米ビートルズ盤
レコスケくん「ジョン、ポール、ジョージ、こいつ」の巻(本秀康)
2月7日、午後1時20分、J・F・ケネディ空港(速水丈)
ザ・ビートルズ・ディスコグラフィー(森山直明)
オリジナル・アルバム(1) 64年発売のアメリカ盤
オリジナル・アルバム(2) 65年以降に発売のアメリカ盤
日本で起こった“ビートルズ現象”の実像(恩蔵茂)
50年目のいま明らかになる、国内盤発売日の作られ方(菅田泰治)
日本ビートルズ事変1964総覧(大村亨)
日本マスメディア史に刻まれた“記録”が語る真実(大村亨)
日本デビューの64年に早くもカヴァーに挑戦した歌手たちの記録(中村俊夫)
特別対談〜「ビートルズから教わった大事なことって何ですか?」「それは、創作に“ストレス”を持ち続けることですね」(奥田英朗×和久井光司)
『オリンピックの身代金』とロックを見つめる慧眼(和久井光司)
湯川れい子さんとともに──ポール・マッカートニー『NEW』および“来日公演”総括(宮永正隆)

【特集】リイシュー・アルバム・ベスト10/5
2013年のリイシュー界は、近年の傾向を引き継ぎ、ウィングスやボブ・ディラン、キング・クリムゾン、ザ・フーといった豪華パッケージによる箱モノの続編が次々と登場する一方で、ワーナーの人気シリーズをリニューアルした<新・名盤探険隊>に象徴されるように、読者のフトコロにもやさしい低価格の再発CDがたくさんリリースされた年でもありました。ルー・リードの訃報から間もなくして発売されたヴェルヴェット・アンダーグラウンド『ホワイト・ライト/ホワイト・ヒート』の45周年デラックス盤、最大の注目を集めたビートルズのBBCライヴ音源集第2弾も、13年の締め括りにふさわしい大きな話題となりました。
紙ジャケ職人紙鮭巧(作画=川崎タカオ)
ロック(大鷹俊一、萩原健太)
ロック発掘映像(赤岩和美)
リマスター/ハイ・レゾリューション(武田昭彦)
プログレッシヴ・ロック(小山哲人)
ハード&ヘヴィ(山崎智之)
パンク/ニュー・ウェイヴ(行川和彦)
オールディーズ(中村彰秀)
ブルース/ゴスペル(小出斉)
R&B/ソウル(鈴木啓志)
ジャズ(大村幸則)
ジャズ・ヴォーカル(高田敬三)
日本のロック(湯浅学)
歌謡曲(鈴木啓之)
トラッド/ブリティッシュ・フォーク(茂木健)
フォーク/カントリー(鈴木カツ)
ブラジル(駒形四郎)
レゲエ(米光達郎)
ラテン(山本幸洋)
ワールド(深沢美樹)
サウンドトラック(上原昭一)
新作アルバム(編集部)
読者が選んだリイシュー・アルバム

私の収穫2013
年に一度の大発表会! コレクター道はさらなる深化を続けます
ザ・バーズ
後期アルバムが紙ジャケ&大量ボーナス・トラックの高品質盤で再登場(青山陽一)
ジーン・クラーク
追加曲も含めた収録音源の大半が日本初CD化となるソロ作品4タイトル(若月眞人)
ブリティッシュ・ビート50周年(2)
世界初/国内初CD化がほとんどを占める注目の再発シリーズ第2弾(犬伏功)
プラチナSHM
音調整なしのフラット・トランスファーで最良の音源が生きる新素材メディアのシリーズ第3弾(武田昭彦)
ボビー・ウォマック
サム・クックの遺志を継ぐ“ラスト・ソウル・マン”の初期名作10タイトル(平野孝則)
タブー・レコーズ
斬新なエレクトロ・サウンドで一世を風靡したレーベルの再発シリーズ続編(金子穂積)
ワーナー・ジャズ・ベスト・コレクション1000
破格のスケールで続くジャズ・アルバム廉価復刻シリーズの第10弾50タイトル(原田和典)
『ダークサイド』
ピンク・フロイド『狂気』の40周年記念にBBCが制作したラジオ・ドラマ(石川真一)
『いつか聴いた歌(2)』
監修・解説・訳詞を手がけた和田誠が語るスタンダード・ソング集の第2弾(鈴木啓之)
祝CBGB40周年
NYパンクを象徴する5作が初の紙ジャケで(行川和彦)
本田美奈子
多様なポピュラー音楽家人生を辿る電子書籍(中村よお)

〔British Beat〕
ジャンル別