8songsとは
取り扱い商品について
購入方法
商品画面の見方
ブログ
送料について
メールマガジン登録・解除
個人情報保護方針
特定商取引表示
サイトマップ
モバイルサイト
カートの中身を見る
カートの中に商品はありません
linkfree

上記のバナーをお使いください
Record Collectors レコード・コレクターズ 2013年11月号
型番 13100785
販売価格 823円
購入数

新刊
ミュージック・マガジン 〔雑誌〕
2013年発表 >2013年発売
□表紙:新刊 ○本文:新刊

【特集】キング・クリムゾン『レッド』
キング・クリムゾンが1970年代に残した最後のスタジオ・アルバム『レッド』(74年)。メンバーはロバート・フリップ、ジョン・ウェットン、ビル・ブルフォードの3人だけになり、このアルバムのリリース直前に解散宣言が出されました。へヴィで重厚なサウンド/変拍子が印象的なタイトル曲は再結成以後のレパートリーとしても重要で、フリップはキング・クリムゾンのベストの3枚のうちの一枚としてこのアルバムを挙げてもいます。プログレッシヴ・ロック・バンド以外にも広範な影響を与えた名作の40周年記念盤/ボックスもリリースされるこの機会に、その制作過程に迫ります。
グラフィック・ステーション──『レッド』のオリジナル盤
“ヌオヴォ・メタル”の出発点となった狂気の74年北米公演と、迫り来る終焉(大鷹俊一)
トリオ編成での限界に挑戦し、ついにたどり着いた“鋼鉄の塊”(松山晋也)
アンケート──『レッド』が与えた広範な影響を知るためのアルバム(石川真一、大平博基、奥村裕司、小野島大、小山守、行川和彦)
全曲ガイド(小山哲人)
『レッド 40thアニバーサリー・ボックス』徹底解説(坂本理)

【特集】ベック・ボガート&アピス『ライヴ・イン・ジャパン』
いわゆる“三大ギタリスト”のなかでも日本で一番人気のジェフ・ベック。ヴァニラ・ファッジ〜カクタスでの豪快なプレイで名を馳せたティム・ボガート(b)&カーマイン・アピス(ds)。この3人によるスーパーグループ=ベック・ボガート&アピスは1973年5月に来日公演を行ない、同年10月にライヴ・アルバムをリリース、同作はこの10月に豪華40周年記念盤となって再登場するほど高い評価を受けています。ボガート&アピスとのバンド経験もあり、日本でもっともBBAを知るギタリストのCharさんにも、驚愕のエピソードをたっぷりと語っていただきました。
Char インタヴュー〜日本を代表するギタリストが語る、“最も近い距離”から覗いたメンバーの素顔(近藤正義)
BBAヒストリー(山崎智之)
トリオ編成による“ハード・ロック化”路線の真相(中重雄)
『ベック・ボガート&アピス』全曲ガイド(佐藤晃彦)
『ライヴ・イン・ジャパン〜40周年記念盤』全曲ガイド(佐藤晃彦)
録音エンジニア監修のリマスターで甦った、アナログ盤に近似した質感(武田昭彦)
ティム・ボガートとカーマイン・アピスの活動(舩曳将仁)

ディズニー・サウンドトラック・ボックス
アニメ映画のサントラ盤をLPサイズ・ジャケ&リマスター音源で復刻した豪華ボックス(片島吉章)
ディズニー・ジャズ・ジャイアンツ・コレクション
著名ジャズ・プレイヤーによるディズニー映画の名曲カヴァーを集成した画期的ボックス(大村幸則)
ポール・マッカートニー
自ら“ビートルズへの回帰”と謳うニュー・アルバム『NEW』の真の意図+来日直前情報(速水丈)
ライ・クーダー
インタヴュー〜メキシコ音楽“バンダ”のスタイルを取り入れた36年ぶりの意欲的ライヴ・アルバム(五十嵐正)
ニルヴァーナ
未発表デモやライヴ音源/映像を満載した最後のスタジオ・アルバムの20周年記念盤(石川真一)
ビー・ジーズ
秀作10タイトルのリイシューを機にギブ3兄弟の音楽が放つ本来の魅力を再評価(小松崎健郎)
英シンガー・ソングライター名盤選
大西洋を越えた交流によってアメリカへの憧憬が実を結んだ70年代の傑作アルバム群(若月眞人)
プラチナSHM
音調整なしのフラット・トランスファーで最良の音源が生きるユニバーサルの新素材メディア(武田昭彦)
モータウンR&Bベスト・コレクション
レーベル創設55周年を控え最新マスタリングによる廉価盤シリーズがスタート(林剛)
MOTOWN R&B BEST COLLECTION(出田圭、大久達朗、河地依子、小出斉、林剛、平野孝則)
今なお“進化”を続ける日本ロック/ポップス史観
湯浅学監修の本誌増刊ディスク・ガイドが提示する新しい意義をめぐって(篠原章)
尾崎亜美
“西海岸AOR”の巨匠らと組んで生み出された80年代の名作5タイトルがリイシュー(除川哲朗)
絶対名盤J-Premium
日本のロック史を自在に横断し、重要作の魅力を改めて味わう再発シリーズの第1弾(安田謙一)
ボビー・コールドウェル
AORからジャズへと音楽性を広げた8タイトル(中村彰秀)

[連載]ゲレッド・マンコウィッツが写す英国ロックの伝説(佐藤信夫)/ビートルズ来日学(宮永正隆)/ブリティッシュ・ロックの肖像(富岡秀次)/続・蒐集奇談(岡田則夫)/洋楽マン列伝〜三好伸一氏(篠崎弘)/American Rock Lyric Landscape〜ロックの歌詞から見えてくるアメリカの風景(ジョージ・カックル)/大鷹俊一のレコード・コレクター紳士録/ブラウン管の向こうの音楽職人たち(濱田高志)/ちょっと一服(コモエスタ八重樫)/ウィ・ヒア・ニュー・サウンズ(武田昭彦)/赤岩和美の海外盤DVD&Blu-rayロック映像情報/和久井光司のアナログ奇聴怪会/ジャズ〜ポピュラー・ヴォーカル新作案内(高田敬三)/Legendary LIVE in U.K.(写真=イアン・ディクソン)

〔Progressive Rock〕〔Blues Rock〕
ジャンル別