8songsとは
取り扱い商品について
購入方法
商品画面の見方
ブログ
送料について
メールマガジン登録・解除
個人情報保護方針
特定商取引表示
サイトマップ
モバイルサイト
カートの中身を見る
カートの中に商品はありません
linkfree

上記のバナーをお使いください
Rockin’ On Japan ロッキング・オン・ジャパン 2013年05月号
型番 13100704
販売価格 617円
購入数

新刊
ロッキング・オン 〔雑誌〕
2013年発表 >2013年発売
□表紙:新刊 ○本文:新刊

●サカナクション
5人の本能と学習、そしてメジャーを侵食する志が導いた新次元のポップミュージック。ニューアルバム『sakanaction』ドロップ! メンバー個別インタヴューを敢行、それぞれの視点から暴かれる新作の全貌とサカナクションにおこった内部革命とは? 大きな変貌を遂げた恐るべき五角形をひもとく
●星野 源
「倒れる前と今は、なんかちょっと別人を見てる感じなんです」――おかえりなさい! 星野 源が帰ってきた!! 復帰第一声ロングインタヴューをお届け
●SEKAI NO OWARI
「過去の自分を殺すんだ!」――代々木第一体育館をSEKAI NO OWARIのエンターテインメントが飲み込んだ、革命の2日間。終演後に訊いた独占全員インタヴューに加え、ライヴ写真も大ヴォリュームで掲載。一連の「ENTERTAINMENT」ツアーで4人が見い出した、新しいセカオワ
●凛として時雨
時雨、新たな破壊と欲動。2年半ぶりのニューアルバム『i’mperfect』完成! TKなどの別プロジェクトを経て、脅威の進化を遂げた3人。その全貌を徹底解析
●RADWIMPS野田洋次郎ソロ・illion
ロンドンにて行なわれた、世界初ライヴを目撃! illionとは何なのか? 濃厚レポートでその全貌に徹底的に迫る
●MAN WITH A MISSION
シングル『Emotions』が初のチャートトップ3を記録! 更なる爆走状態に突入、究極の生命体から究極のバンドへと変貌を遂げつつあるマンウィズが登場。新曲からMステ出演、初の欧州ツアー、そしてサウンドに通底する「愛」の正体まで。ジャン・ケン・ジョニー(Vo・G)がすべてを激白
●斉藤和義
「未だにデビューの頃のこと、バリバリ昨日のことのように覚えている」――斉藤和義、1年半ぶりのJAPAN登場!! “やさしくなりたい”以降の熱狂について、ニューシングル『ワンモアタイム』について、デビューからちょうど20年が経った今感じること。アニヴァーサリーイヤー突入を機に語る
●DIR EN GREY
新曲と過去曲のリアレンジを収録する『THE UNRAVELING』をリリース。今作での新たな挑戦、そして生まれ変わった楽曲群が告げるDIR EN GREYの不変とは。薫(G)とToshiya(B)に訊く
●NICO Touches the Walls
NICOのロック魂が炸裂した本能の5thアルバム『Shout to the Walls!』をひもとくロングインタヴュー。ロックバンドとしての自分たちを再定義し辿り着いたサウンド。そして、今作で初めてオープンにする「壁」を抱える4人の素顔。メンバー全員を直撃
●[Champagne]
「世界一になりたい」――そんな[Champagne]の思いが凝縮されたニューシングル『Forever Young』。今作に託す思いは勿論のこと、ますます強くなる闘争心からずっと続けてきた4人の共同生活に区切りをつける理由まで。川上洋平(Vo・G)が熱く語る
●the telephones
みんなに愛されるthe telephonesが、やっとみんなへの愛を叫ぶ。自由で素直な姿をみせた4thアルバム『Laugh,Cry,Sing... And Dance!!!』、いよいよリリース。その歩みに隠された葛藤と苦悩、そして今改めて見つけたthe telephonesのディスコの本質を、4人が語り合う
●NO NUKES 2013
坂本龍一の呼びかけにより今年も開催されたフェスティヴァル、NO NUKES 2013。ジャンルや世代を超え、「脱原発」という旗印のもと集ったアーティスト達の熱演を封じ込めたレポートを一挙掲載
◎出演アーティスト
<3月9日>
ASIAN KUNG-FU GENERATION/ACIDMAN/ART-SCHOOL/AFRA/坂本龍一+大友良英+Sachiko M+ASA-CHANG/THE BEATNIKS/細野晴臣/マレウレウ+OKI
<3月10日>
青葉市子+坂本龍一+小山田圭吾+ASA-CHANG/avengers in sci-fi/岡村靖幸/Open Reel Ensemble+信藤三雄 from MASKZ/9mm Parabellum Bullet/斉藤和義/坂本龍一+AFRA featuring 元ちとせ・いとうせいこう/NISENNENMONDAI ※五十音順
●新山詩織
17歳のシンガーソングライター、新山詩織がデビューシングル『ゆれるユレル』をリリース。「どう思われようが私は歌ってやる」――歌を武器に、世界と立ち向かうことを決めた少女の原点をひもとくJAPAN初インタヴュー
●ヒダカトオル新バンド・THE STARBEMS
ヒダカトオルの新バンドがいよいよ動き出す。トリプルギター&ドラム&ベース、そしてヒダカという6人編成で放つTHE STARBEMSのサウンドとは? お面なしで挑む「素顔の」新バンド、結成第一声インタヴュー
●THE BACK HORN
日本全国をまわった「KYO-MEIツアー 〜リヴスコール〜」のライヴCD&DVDの連続リリースが決定。震災後の日本で生きる意味を実感するツアーの日々を経て、ロックとTHE BACK HORNが一体化するまでのプロセスを、4人が告白
●高橋優
バックの演奏はBRAHMAN!! 強力な援護射撃を得て高橋優が叫ぶ、本当の「本音」のメッセージが詰まったニューシングル『(Where's)THE SILENT MAJORITY?』とは一体なんなのか
●スガ シカオ
独立、そして2度目のメジャーデビュー。激動の2年を経て放たれるニューシングル『アイタイ』に迫るべく、本人を直撃。「ほとんど曲なんて作れなかった」というインディペンデントでの日々からこれからのスガ シカオ像まで、ディープに語る
●MONGOL800
美しきふるさとへの思いと歌への本能が導いた、暖かく迷いの無い言葉。なぜモンパチは、結成15年目のニューアルバムで遂に「沖縄」を歌ったのか。新作に辿り着くまでの道のりを、全員で告白
●ORANGE RANGE
3年9ヵ月ぶりのシングル! YOH(B)とNAOTO(G)のキャラクターが漲る、対極的な両A面『オボロナアゲハ/もしも』を携えORANGE RANGEはどう進む? レーベルの設立、『musiQ』再現ライヴ……より自由に、よりフットワーク軽く攻める5人の今
●髭
またもや新メンバー加入、7人編成に生まれ変わった髭ちゃんはどこへ向かう!? 一見トリッキー、だけど飛び切りピュア。コミュニケーションを切望するバンドの本質が露になったニューアルバム『QUEENS, DANKE SCHÖN PAPA!』が生まれるまで
●LAST ALLIANCE
「信じてきた希望が朽ち果てていく感覚があった」――混沌の2年間を経て辿り着いた7th『Seventh Sense』。ANZAI(Vo・G)が明かす、今作から醸し出す人間臭さの意味とラスアラの第2章

〔日本のロック〕
ジャンル別